NEWS

クローズアップメンバーの中西直人、塩見好輝がシード確定!

クローズアップメンバーの人気者2人がシード獲得(撮影:鈴木祥)

「カシオワールドオープン」を終えて、来季の賞金シードをかけた戦いも終幕。賞金シードはレギュラーツアーの参加資格で、賞金ランキング上位65位までの選手に与えられる。これがあれば国内レギュラーツアーの試合に出場でき、賞金を大きく稼ぐことができるので、プロにとっては何が何でも確保したい”生命線”ともいえる。

クローズアップメンバーの中から、プロ10年目にして初めてその仲間入りを果たしたのが“お笑い担当”の中西直人だ。

賞金ランク72位で大会に臨み、最終日に4バーディ1ボギーの「69」で18位タイ。賞金252万円を獲得し、見事シード圏内のランキング64位に食い込んだ。「今年は確実にベストシーズン。今までで一番実りのある1年だった」と振り返る。

また、「日本オープン」では最後まで攻め続け、栄冠にあと一歩のところまで迫る活躍を見せた塩見好輝も、5年ぶりのシード復活を果たした。

シード当落ギリギリ「下」の66位で大会に臨んだ。65位の市原弘大との賞金額の差は、わずか1万6875円。「ここでしっかり決められるか、それとも(予選会の)QTにいくのか、自分の中では大きな部分かなと思うので。最後しっかり笑って終われるように頑張りたい」との意気込みの中、トータル6アンダーの44位タイでフィニッシュ。賞金68万円をプラスし、ランキング63位を確保した。

来季のレギュラーツアーに出場できるようになった2人は、今まで以上に露出やファン交流の機会も増えるはず。是非、変わらぬご声援をお願いします。